月別アーカイブ:2014年11月

2015/1/8

加賀井温泉 一陽館

何度か訪れている長野市の松代町にある「加賀井温泉 一陽館」の紹介です。加賀井温泉というのは古い名称で現在は松代温泉となっています。一陽館はいまでも加賀井温泉の名前で呼ばれ地元の人から親しまれているそうです。約200年前に開湯した古い歴史のある温泉なのですが、何よりもすごいのが濃い成分の温泉で、いたるところが温泉の析出物でまっ茶色になってます。初めての時には、ご主人が、浴室、露天風呂、トイレ、内湯から外湯への移動、置き引きに注意等々、利用の決まりなどを丁寧に教えてくれる。炭酸が泡立っている源泉槽も見せてもら ...

2017/9/24

立ち寄り入浴ができる 開田温泉 日の出旅館

開田高原では数少ない立ち寄り入浴を受け入れてくれる温泉宿、「開田温泉 日の出旅館」の紹介です。場所は木曽福島の国道19号木曽大橋から国道361号に入り、高山方面に向い約30kmほど進むとあります。国道沿いに建っているので分かりやすいと思います。 こちらの温泉は、コイ用の池を作ろうと庭を掘ったら温泉が湧きだしたのだとか。湯は黄土色で単純炭酸鉱泉、源泉は冷たいので加温循環しているそうです。男女各1の内湯のみで露天はありませんが、ヒノキの湯船に黄土色の温泉でとっても気持ち良い( ´∀`) 素朴ですがきれいな外観 ...

2019/3/6

鹿が教えてくれた鹿教湯温泉

江戸時代から湯治湯として栄えた歴史ある鹿教湯温泉。そのなかで立ち寄り湯として利用できる共同浴場「文殊の湯」に行ってみました。 鹿が教えてくれた温泉 昔、猟師が鹿を打ちそこない、山深く入って見つけたところ、傷を負った鹿がいたので矢を向けると逃げてしまった。不思議に思って、そこへ行ってみると温泉が湧いていた。その鹿は、姿を変えた文殊菩薩で信仰心の厚い猟師に温泉の場所を伝えたという開湯伝説があるそうです。鹿教湯温泉の名前の由来もこの伝説によるものだとか。そのままですね、鹿が教えた湯(^^) 国民保養温泉地って? ...

2017/9/23

安曇野市 満願寺の紅葉

つつじ公園と知られている栗尾山満願寺へ紅葉を見に出かけました。なんでもカエデの紅葉がキレイだとか。 知らなかったのですが、お寺の境内が極楽浄土をイメージして造られているそうで、参道の入り口には三途の川が流れ、立派な橋が架かっている。なんかちょっと怖いような。。。 橋を渡り参道を進んで廻遊式の庭園が広がる境内へ。紅葉したつつじやカエデ、湧水が流れる池など、とってもキレイで目を楽しませてくれました。   参道入口にあるお地蔵さんです。     三途の川に架かる橋です。かなり立派。 ...