古谷渓谷の抜井川へ渓流釣行

 

東信地方の佐久穂町を流れる抜井川への渓流釣行です。古谷ダムの上流に入渓してみました。

スポンサーリンク

信濃川水系 抜井川

抜井川の上流域は古谷渓谷にあります。苔もありとてもキレイな渓相で、雰囲気がよく気持よく釣りができます。入渓や遡行も比較的楽なので、初心者でも楽しめる渓流ですね。人気の河川なので、週末には釣り人が多いようです。
古谷渓谷には、乙女の滝という二筋に流れ落ちる素敵な滝があります。

1日券:1300円

現場売り:2000円

年間券:6500円

渓流マップ

詳しくは、佐久漁業協同組合

釣行

釣行情報

日時:2014年5月16日
天候:晴れ
人数:2人
タックル:テンカラ、ルアー

初めての抜井川釣行なので、ポイントとか全く分からないまま古谷ダムの上流へ。
期待に胸を膨らませながら入渓しました。

なかなか良い感じの渓相です。
意外に開けてるのでテンカラでもルアーでもOKな感じです。

魚が居ついていそうなポイントに毛バリを落とすも無反応。。。
活性が悪いのか、魚影が少ないのか。
ルアーにはチョイスがあるようなので腕が悪いんですね!

ルアーに初ヒットした7寸ぐらいのイワナ。

毛バリにもやっとチョイスがあり、1尾釣りあげました。

こちらが、2つに分かれて落ちる滝が象徴的な「乙女の滝」です。
ここは景勝地になっていて観光者もいるので釣りはしづらい。
ちなみに厳寒の冬には、滝が氷柱となり素敵な景観となるようですよ。

アクセス

中部横断自動車の佐久穂ICから国道299号線で、20分程度です。

まとめ

人気の河川で釣り人が多く、プレッシャーが高めですが、管轄している佐久漁業協同組合が、イワナとヤマメを多く放流しているので、比較的に魚影は濃いと思います。渓相や雰囲気が良いので、また行ってみようと思います。

コメント

error:右クリック禁止です。