志賀高原 田ノ原湿原でスノーシューを楽しむ

志賀高原の田ノ原湿原へスノーシューハイクに行ってきました。
グリーンシーズンのハイキングとは、全く違う雪景色の中を自由に歩いて、楽しんできました。

スポンサーリンク

志賀高原 田ノ原湿原

田ノ原湿原は、標高1610mに位置する志賀高原の湿原群のひとつで、長野県天然記念物に指定されています。春から秋まで様々な花を見ることができ、なかでもワタスゲの群生が有名で、6月から7月ごろには、白いほわほわの綿穂が見頃になります。
湿原を守るために木道が設置されていて、そこを歩いて周りますが、冬の間は雪に覆われているので自由に歩くことができます。
ここを起点に木戸池や長池、蓮池、ホタルで有名な石の湯などにアクセスできます。

スノーシューハイクの装備

今回は、2時間程度の散策だったので、装備はこれだけしか持ちませんでした。

・防寒ウェアー
・スノーブーツ
・スノーシュー(輪かんじき)
・ポール
・スリング
・ファーストエイド
・ヘッドライト
・携帯スノーショベル
・お昼ご飯
・飲み物

スノーシューハイク

田ノ原バス停近くの駐車スペースに車を停めてスタートです。
今日は、自分が輪かんじき、嫁がスノーシューで歩きます。
今年は雪が少なめで、かろうじて案内看板の上部が見えています。

数日雪が降っていないので、固くしまった状態なので歩き易い。
木の根元付近は柔らかく膝ぐらいまでハマりましたが。。。

木道は雪に埋まっています。湿原は広い雪の広場みたいな感じ。

しばし歩いてランチとくつろぎタイムです。

新雪にはやはりスノーシューの方が歩き易いですね。雪面に当たる面積が違うし。

残雪のある源流域での渓流釣りにも使用している輪かんじきは、コンパクトで軽く使い勝手がいいです。

田ノ原湿原の案内板も雪に埋もれず見えてました。

今回も活躍 防寒テムレス

今回のスノーシューでも防寒テムレスの手袋を使用しました。
完全防水で暖かく蒸れにくい手袋として人気の高い手袋「防寒テムレス」です。
スノーシューはもちろんスキー、スノーボードでも使用しています。柔らかいので細かい作業もできますよ。

手袋の詳細記事はこちら

現場作業だけじゃない!雪山で大活躍の防寒手袋「防寒テムレス」
雪山登山などで使用する人が、増えてきているという優れモノの防寒手袋があるんです。自分も実際に雪山登山やスノーシュー、スノーボードなどで、愛用していますが、とっても重宝しているので、紹介したいと思います。 見た目は、風呂掃除用のゴム手袋のようですが、優れた機能を持ち、しかも価格も手ごろという手袋なんです。

アクセス

国道292号線を横手山方面に向かっていき、蓮池と木戸池のちょうど中間あたりに位置しています。横手山方向に向かって右側になります。田ノ原バス停近くに5台程度が停められる駐車スペースがあります。

初めての方にはスノーシューガイドツアーがおすすめ

初心者の方や安全にガイドと一緒にハイキングしたい方は、志賀高原スノーシューハイキングのガイドツアーがおすすめ。スノーシューとポールのレンタルがあるので、スノーシューがなくても大丈夫です。

詳しくはこちら

https://www.shigakogen.gr.jp/news/entry-228.html

まとめ

手軽に楽しめるスノーシューですが、雪山に入るということなので、最低限の装備とルートの確認や地図など持参して安全を確保しながら楽しみましょう。

 

コメント