現場作業だけじゃない!雪山で大活躍の防寒手袋「防寒テムレス」

雪山登山などで使用する人が、増えてきているという優れモノの防寒手袋があるんです。自分も実際に雪山登山やスノーシュー、スノーボードなどで、愛用していますが、とっても重宝しているので、紹介したいと思います。
見た目は、風呂掃除用のゴム手袋のようですが、優れた機能を持ち、しかも価格も手ごろというオススメの手袋なんです。

コスパ最強!

スノーボードやスキー、登山といった専用手袋を買うとなると1万円前後したりしますが、この防寒テムレス手袋は、なんと1700円程度で購入できます。安いからといってすぐに機能が落ちたり、破けたりすることはなく強度もしっかりしてます。2シーズンで、スノーボード10回、スノーシューハイク10回程度では、問題なく使用できてます。
ホームセンターや現場作業のお店などで購入できますよ。ただ、ネットで買うのが一番お得だと思います。

透湿性と防水性機能

強力な防水性能です。ポリウレタン製なので長時間雪に触れる環境下でもしみてくること自体ないです。
防水性だけではなく、透湿性の機能もしっかり備えていて、汗などの湿気を逃がしてくれる。商品名の通り、手が蒸れない手袋なんです。とはいっても実際は、少し蒸れますけど、ゴアテックスの手袋だって蒸れますからね。
防水性能は良いのですが、手袋の間口が広いので手首からの侵入を防ぐ必要はあります。唯一の弱点かも!

 

水を通さず湿気は逃がす! 透湿防水機能でムレにくい

メーカーサイトより

 

防寒機能

手袋の内側は、ボアタイプのパイル地になっていて保温性が高くなっています。

低温下でも柔軟性を保持

ポリウレタン製のため、低温下の環境でも柔らかく柔軟性を保持し、指の曲げ伸ばしがスムーズにできます。-60℃での低温曲げ試験をクリアしているらしい。
実際に、-15℃程度の雪山で使用していますが、固くなるようなことなく、柔らかいまま使用できてます。

グリップ機能

手のひら側には、特殊樹脂がコーティングされていて、ブツブツ、ザラザラした表面で、とっても高いグリップ力があります。

サイズ感覚

自分の中指の長さは、8.2cmぐらいですが、LLサイズでジャストという感じです。防寒テムレス単独や薄いインナー手袋との併用での使用の場合は、LLサイズ、中厚のインナー手袋と併用する場合は、3Lサイズを使用しています。
人によって感覚に違いがあるので、メーカサイトの製品寸法の表記を参考にしてください。

メーカーサイトはこちらhttp://www.showaglove.co.jp/product/detail/professional/457

感想 icon-comment-o

現場作業用の手袋ですが、防寒、防水、透湿という3拍子がそろっているので、十分にアウトドア関係のアウターグローブとして使用できると思います。雪山での登山やスノーシューハイク、スキー、スノーボードなど用途は、たくさんあると思います。もちろん雪山以外でも。我が家では、雪かき作業でも必需品となっています。
ただし、見た目は、まんま現場作業用の青い手袋なので、お世辞にもいいとは言えませんね。

 

コメント

error:右クリック禁止です。