アウトドアトレッキング北信

雪山散策に出かけました

冬の森は別世界

場所は志賀高原の長池付近、一昨日雪が降ったので、まだ新雪が楽しめそう。
現地に到着すると、思った通りふわふわの雪で、とってもいい感じ。雪に覆われた森は、白さが独特の雰囲気をかもし出してます。また動物たちの足跡などが一目瞭然。家の周りでも足跡いっぱいですが。。。

スノーシューと輪かんじき

スノーシューというのは西洋のかんじきですね。多少かさばったり、重かったりしますが、浮力があるので、新雪でも歩きやすい。あ、あと装着、脱着が極めて簡単だったり。かんじきは、新雪には弱くすぐ埋まりますが、斜面に強い。軽く、さほど大きくないので持ち運びに便利、残雪の時期の渓流釣りにも使用してます。

雪に覆われた森は、独特の雰囲気に。

ワクワクしながら写真を撮ってます。

雪に耐えてる感じは、力強さを感じるなぁ。

途中倒木のトンネルなどもありました。

志賀高原ならではのふわふわ新雪を歩くのは楽しいですね。

この開けたところは長池です。全面凍結しているので、歩くことが出来ました。氷の厚さもあるので絶対安全とは言えません。

場所によっては、腰まではまる。下に岩や木があるのであまり調子に乗って歩かない方がいいですね。

所感 icon-comment

雪山を歩くのは楽しいですね。歩きなれた場所だとしても雪に覆われると全く違う景色になる。手軽なスノーシュートレッキングですが、安全に楽しむためには、冬の山に入る装備や知識など、最低限の準備は必要です。自己管理のもと楽しみましょう。最近では、いろいろな場所でスノーシュートレッキングのガイドツアーが行われているので、参加するのもいいと思います。志賀高原でもガイドツアーがあります。

志賀高原スノーシューハイキング:志賀高原自然保護センター

タグ
Show More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもどうですか

Close
Close