富山県 神通川水系の支流へ

ゴールデンウィーク後半に、富山県の神通川水系支流の渓に行ってみました。
たくさんの支流がある神通川水系ですが、林道が近くを通っていて、入渓が楽な場所を選びました。

スポンサーリンク

神通川水系支流

富山県7大河川の1つ神通川。源流は岐阜県の川上岳で、飛騨高地から富山県を流れ富山湾にそそぐ。

管轄漁業協同組合:富山漁業協同組合
遊漁期間:4月1日~9月30日
日釣券:1000円
現場売り:2000円
年間券:2600円

釣行

今回行った支流には、ダムがあり上部の車止めまで行き入渓です。

うーん、渓相は落差のある山岳渓流ではなく、中流域という感じですね。

今日は、天気も良いし標高も低めの渓なので、テンカラで楽しみます。

釣り始めてすぐに7寸ぐらいのイワナが、毛鉤に反応してくれました。

その後も毛鉤への反応がよくポツポツ飛び出てくれます。

イワナの反応は良いのですが、ヒットするのは、同じような7寸ぐらいのサイズで、なかなかサイズアップしない!

これでサイズがもう少し上がると良いのですが。。。
釣れているときにはサイズアップという欲求が出てしまう。ダメですね贅沢になってしまって。。。

アクセス

国道41号線が神通川に沿うように走っています。

まとめ

魚影は濃いような感じです。踏み跡がしっかりついていたので釣り人は多そうですが、ゴールデンウィーク中でこれだけ楽しめれば十分です。釣れた魚はすべてイワナでした。ルアーへの反応は試しませんでしたが、これだけ魚が居れば楽しめそうですね。
今回は2時間程度の釣行だったので、次回はもう少し上流部まで行ってみようと思います。

コメント