移住暮らし

【DYI】古い部屋の汚い壁紙を剥がしてペンキ塗り

壁紙が古く剝がれていたり、汚れていたりと痛みがひどいので、はがしてペンキを塗ることにした。壁紙を貼りなおすという選択肢もあったが、うまく出来る気がしなかったので塗ってしまおうということに。

準備したもの

  • ペンキ 15L(イマジンウォールペイント)
  • ローラー+ハンドル
  • バケット
  • 水性塗料用ハケ
  • マスキングテープ
  • マスカーテープ

まずは古い壁紙をはがしていく。簡単に考えていたけど、これが結構大変な作業で、特に石膏ボードの紙がきれいにはがれない。

石膏ボードに薄く紙が残る。。。壁紙を貼った時の接着のりも残り最終的には水をかけながらはがすというか、けずる羽目に。

古い壁紙はがし完了。ベニヤの壁には、紙が残っているがそのままでOK、紙の上からペンキを塗る。

塗らないところにマスキングテープを貼る。コンセントやスイッチのところも忘れずマスキング。

ペンキを塗っていく。広い箇所は、ローラーを使うとキレイに早く塗れる。
気をつけていてもペンキが着くので、汚れてもいい服装でやった方がいいですよ。

2~3時間乾かして2度塗りをして乾ききらないうちにマスキングテープを取って完成。乾ききってからマスキングテープをはがすとテープと一緒にペンキもはげる場合もあるので注意。

所感 icon-comment

初めて行った壁のペンキ塗りだったけど、まあまあうまくできたかも。思っていた以上に明るい部屋に変身っす。実際やってみた感じは、塗ること自体はかなり簡単で、大変なのは、壁紙はがしとマスキングすること、この2つの作業にかなりの労力と時間がかかった。壁の色を変えたい、汚れが気になるなどの場合は、壁紙はそのままで、上から塗る方が時間もかからずキレイに塗れる。間違っても壁紙をはがしてしまおうとは考えない方がいいですよ。
今回使ったペンキは「イマジンウォールペイント」という壁紙の上から塗れるという便利なペンキ。これ匂いもしないしおすすめ。

Show More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもどうですか

Close
Close