木曽町の黒川支流への釣行

国道19号から開田高原に行く途中に流れる黒川の支流への釣行です。

スポンサーリンク

黒川

開田高原と木曽福島の真ん中を流れる黒川。里川の雰囲気の河川で、魚影は濃く、7~8寸のイワナが多い。

管轄漁業協同組合:木曽川漁業協同組合
遊漁期間:3月1日~9月30日
日釣券:2000円
年間券:9000円
現場売り:3000円

釣行

黒川の支流に初めて入渓してみました。川幅が狭く、気が覆いかぶさっている個所が多く、思うようにテンカラ竿が振れません。。。
ルアーもキツイ!エサ釣の提灯釣りが一番適してる感じです。

魚は結構いそうな感じですが、釣りづらい!
開けてもいないので遡行もしづらい。。。

なんとかテンカラでゲットしたイワナです。7寸ぐらいの小さいサイズですが、貴重な一尾です。

アクセス

国道19号から開田高原へ向かう県道361号線に入ると黒川沿いに道が走っています。

まとめ

黒川は里川の雰囲気の渓相で、魚影が濃く7寸ぐらいのイワナが結構釣れますね。支流は木などが覆いかぶさっていて釣りづらくテンカラやルアーには不向きです。

コメント