アウトドアトレッキング北信紅葉

カヤノ平高原の紅葉散歩

ブナの原生林が広がるカヤノ平高原の紅葉

カヤノ平は、志賀高原の北側に広がる標高1400~1700mにある高原で、樹齢300年を超えるブナの原生林が広がっている。
そのブナの紅葉を見たいと思い、9月の終わりに遊歩道を散策してきました。

dsc00297

dsc00339

アクセスは、木島平村からと奥志賀高原からの2通りあり、この写真は、木島平村からカヤノ平へ続く道の様子です。
近づくにつれていい感じになってきて、ドライブしているだけでも気持ちいい。

img_0543

こちらは奥志賀へ抜ける道からの景色。

dsc00263

道なりに走っていくと総合案内所があります。中には実物のキノコの展示などもありました。
こちらに車を停めて遊歩道へ。

dsc00268

遊歩道入口にある案内看板。

dsc00278

大木が多いので見上げることが多いです。群生したブナの木なので一面黄色や褐色した葉を見ることができる。この日は晴れていたので、日差しを浴びてとっても色鮮やかでした。

dsc00289

遊歩道途中にある案内看板。

img_0342

img_0390

img_0465

黄色と赤やオレンジのコントラストがキレイです。

dsc_2766

カヤノ平には広々としたキャンプ場がある。奥志賀スーパー林道を走るライダーにも人気のようです。

所感 icon-comment

ドライブするだけでも十分楽しめますが、やはり歩きながらが観察するのがオススメ。緩やかな傾斜の遊歩道があり、ゆっくり歩きながら紅葉を楽しむことができる。大きな木が多いので、見上げると一面が鮮やかな黄色から褐色のコントラストでとってもキレイ。キャンプ場もあり、晴れていれば満天の星空を眺めながら、ゆったりした時間を過ごすにもいいですね。

タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもどうですか

Close
Close