木曽川水系 伊奈川へ

ゴールデンウィークに釣りとなると人が少ないところを選ぼうということで、木曽川水系エリアに行くことに決定です。木曽の渓流というと大滝村や開田高原に向かうことが多いのですが、今回は、行ったことがない場所の中から、中央アルプス山脈の木曽駒ケ岳から流れる伊奈川に行って見ることにしました。

スポンサーリンク

木曽川水系 伊奈川

伊奈川は、木曽駒ケ岳が源流で、大桑村を流れ木曽川に合流します。中流部は、比較的開けているので、ルアー釣りには好条件です。支流の浦川と共に人気の河川ですね。
木曽川漁業協同組合の管轄エリアの遊漁料は、値上げをして1日券が2000円となり、ちょっと高い!5回釣行に行く予定があれば、年間券を買う方がお得です。

管轄漁協:木曽川漁業協同組合

1日券:2000円

現場売り:3000円

年間券:9000円

釣行

浦川との出会い付近から入渓して釣り上がることにしました。
春というより初夏のような陽気で、渓を抜ける風が気持ちいい。
残雪が少なく、雪解けが早かったためか、すでに渇水気味の様子です。

ポイントとなる場所は多く遡行も楽にできます。

魚は多いようで、ポイントなるような場所では、ルアーにチョイスがあり、かなり楽しめました。しかし食いが弱くバラシが多かったですが。。。

こちらはルアーで釣りあげた7寸ぐらいのイワナ。
ヒレが削れている個体が多かったです。

残念ながら毛バリに、小さいサイズが飛び出してきただけでした。

釣行情報

日時:2016年5月7日
天候:曇り時々晴れ
気温:最低8℃、最高23℃
人数:2人
タックル:テンカラ、ルアー

釣果:イワナ 7寸ぐらい 4尾

アクセス

国道19号線(中山道)の大桑駅と須原駅の中間あたりから県道265号線に入り伊奈川ダム方向へ進みます。

まとめ

ゴールデンウィーク中なのに釣り人は見かけませんでした。
ゆったり気持ちよく釣りを楽しめて水がキレイで魚も釣れたなら言うことなしです。
アクセスがよく国道からも近いので、釣り人が多くプレッシャーが高いような気がする。渓が開けているので、ルアーやフライはやりやすいところですね。今回は中流部しか行かなかったので、次回はもっと上流部に行ってみようと思います。

コメント

error:右クリック禁止です。