春の渓流釣り 上田市の神川水系へ

まだ朝晩は寒い長野ですが、日中は暖かく感じることも少しづつ増えてきましたね。
解禁から1か月が過ぎた上田市の神川水系に行ってみました。
上流域の雪も大分解けて入渓し易くなってきてますね。

スポンサーリンク

神川水系

神川水系の管轄漁業組合は、「上小漁業協同組合」です。
遊漁期間:2月16日~9月30日
日釣り券:1300円
年間券:6400円
現場売り:2000円

上小漁業協同組合

釣行情報

日時:3月15日
天候:薄曇り
気温:8℃
人数:2人
タックル:餌釣り

雪は、まだ残っていますが、ラッセルするようなことはなく入渓できました。

活性が悪いのか、腕が悪いのか、良そうなポイントに糸を垂れますが、当たりがない!

ぼうずを覚悟していましたが、相方がなんとか釣りあげた貴重な一尾。
8寸ぐらいのきれいな個体です。

アクセス

上信自動車道の上田菅平ICから菅平高原へ向かう国道沿いを流れています。

まとめ

ICからもさほど遠くなく入渓も楽なので人気の河川ですね。渓相はよく、ポイントとなるような落ち込みなども多く、気持よく釣りができます。漁協が放流をしているので天然のイワナは少ないと思いますが、気軽に行って楽しめる場所です。

コメント

error:右クリック禁止です。