アカゲラ登場

スポンサーリンク

烏川渓谷緑地に行ってみました。

のんびりというより、近くを通ったので夕方寄ってみた感じ。。烏川の上流ってどうなってるのかなーという気持ちもあったので常念岳入口に向かってドライブ。 手前には国営アルプスあずみの公園があり、道路もなんだか新しい。ここに管理事務所があって、中にたくさんの鳥や昆虫の標本や剥製が並んでいます。脇を流れる烏川は緑色でとても綺麗、周遊コースも整っている様子でした。 時間もなかったので、事務所の裏手を数分歩いただけですが、コゲラとアカゲラが迎えてくれました。アカゲラをじっくり見たのは初めて!結構感動
結構大きくて、しかも赤、白、黒の3色なので、目立つ。
管理事務所裏にある橋には、かわいいフクロウの木彫り。

所感 icon-comment

この設備の綺麗な緑地公園といい、手前のアルプスあづみの公園といい・・・ちょっと私は反対派。 自然を生のまま楽しむために作られているとはいえ、そのままで美しいはずの場所に余計な手を加えてる気がするのですが・・・ 観光のためですかねぇ。 この2つの公園には反対する市民がかなりいたようですが、 しかも凄い費用だそうで。 とくにあづみの公園は「都市型」をイメージしているのだとか。地方の人がイメージする都市型というのは、ちょっと度が過ぎてると思う事が多々あります。お店でもファッションでも。 ちなみに松本市アルプス公園の方が地元の方から人気のようです。

コメント

error:右クリック禁止です。