おすすめ渓流ロッドケース

 

渓流釣りに行く際に使用するロッドケースを探してみたところ、手ごろな値段で使い勝手のよいロッドケースを見つけたので購入してみました。
ロッドケースが無くても、直接バックパックなどに入れればよいのですが、高巻きや崖の上り下りの際などに、転んだり落ちてロッドを損傷する場合もあるので、ケースに入れた方がトラブルを回避できて安心です。
今回探していたのは、テレスコピックの渓流ルアー竿とテンカラ竿を入れるためのものです。ネットで検索すると、塩ビ管で自作している方が結構多いなぁと思いました。これは安く簡単に自作できていいと思ったのですが、塩ビ管は意外に重い!車や自宅での使用などにはいいのですが、渓で持ち歩くことが前提なので、自作は諦めました。
探してみると、見つけました!手ごろな価格で使い勝手のよいケース。
それは文房具や事務用品のメーカ「コクヨ」の図面ケースです。ネットで購入すれば、1700円程度という安さ。

コクヨ図面ケース フリーケース スライド式樹脂筒 A3~B1サイズ対応
品番:セ-RF30C

仕様はこんな感じです。

外形寸法(伸縮):470~790mm
内径寸法(伸縮):420~740mm
外形:66mm
内径:60mm
材質:R-PE

スライド式で伸縮することができ、420~740mmまでのロッドを収納可能です。

テレスコピックのルアー竿とテンカラ竿を入れた状態。そんなに窮屈感はなくスムーズに出し入れ出来ます。

実際の渓流釣行で使用していますが、軽いので遡行にも支障がなく、なかなか使い勝手も良く満足してます。見た目は、まんま図面ケースなので、気になる方は、色を塗ったり、ステッカーを貼ったりすれば、いい感じのロッドケースになりますよ。

コメント